きじま歯科のイイシラセ

インプラントと審美補綴で全顎にわたって処置をした症例

こんにちは、院長の喜島です。
今回は、全顎に渡って処置をした症例を紹介します。

初診時
%e5%86%99%e7%9c%9f-%e2%91%a0 %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1
この患者様は、初診時に歯の詰め物が取れたのと左右下の奥歯が何年か前に抜けたままになっているのを治したくて当院に来院されました。
当院のカウンセリングでは、数年前に他の歯科医院で治療を受けたが、そこのドクターから歯が悪いとため息をつかれながら治療されたそうで、それがショックでだんだんとその歯科からは足が遠のいた経験をお持ちでした。
今回は、当院のホームページを見て、子供も預かってもらえるし、スタッフも優しそうな第一印象を受けたのできじま歯科医院に決めたとの事でした。

初診時では、抜歯しなければ、いけない歯と噛み合わせも低くなって、噛んだときには下の前歯が上の前歯で隠れてしまう程でした。また歯ぐきの状態も少し腫れ気味でした。

そこで、当院でいくつかのプランニングをたてて患者様に情報提供したところ、患者様もご家族と相談しインプラントを含めてお口全体を治す治療プランを選択されました。

専門的には、インプラントも通常のインプラントからソケットリフトアップ、ラテラルのサイナスリフトアップ、プロビジョナルレストレーション(仮歯)をいれて、低かったかみ合わせを上げて、適切な高さにするなどの処置を行いました。

治療にはおよそ1年弱かかりましたが、最終的には噛み合わせも適切な高さになり、ブリッジをなくしてインプラントをいれた被せとなり、審美的にも機能的にも回復した状態となりました。
また、歯ぐきの状態も引き締まった健康な状態となっています。

処置後
%e5%86%99%e7%9c%9f-%e2%91%a2 %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3
特に右上の前歯2本は、とても自然に入り患者様もとても喜んでおられました。
今では、何でも噛めるようになりとても嬉しいとのお声をいただき、当院もうれしく感じています。
患者様にとっては長かった治療ですが、その途中であっても治療の進行状態やあとどれ位かかるかの治療のゴールを当院のカウンセリングで伝えてもらっていることでとても安心して治療を受け続けることが出来たそうです。

きじま歯科医院の患者様の希望要望を取り入れた上での患者様にとって最良のプランニングを立てて、歯科治療を提供できたこと、またカウンセリングで常に患者様に寄り添って治療のゴールを示しながら関わった成果がでた症例でした。

患者様も喜ばれスタッフも嬉しく思い、また患者様の被せなどを作製していただいた技工士さんにも患者様がとても喜んでおられていることを報告させていただいています。
技工士さんも自分の仕事で患者様が喜んでくれたことをきいて、またとても喜んでくれました。

患者様も歯科医院も技工士さんも皆が喜んでくれた仕事をさせていただいたことにとても感謝しています。

また、今後も患者様にとって最良の治療を提供していきます。
<院長:喜島>

9人がいいねって言ってます